CRANE David Graham US openchamp

生産年式 1980年代中頃

カーボンヘッドのドライバーで一世を風靡したENAのメーカーが扱っていたモデル。もちろん時代的にはカーボンヘッドの前で、クラブ博士として様々なクラブをデザインしたデビッド・グラハムのネームが冠されたモデル。様々な工夫があるモデルで、この時代にすでに43半合わせという長尺で、ヘッドを軽く、かつシャフトも軽量スチールを組み合わせる。ポケットに特徴的なシルエットがあり、ヒールを軽くしようとしているデザイン。ホーガンのアンダーホーゼルとも、マクレガーの三角削りともコンセプトが違うようだ。グラハムのデザインは、適度なグースが特徴的で、このバックデザインでも打点重心はかなりセンター寄りにある。他にもたくさんの工夫があるクラブで、当時グラハムの来日時には、このモデルを使ってトーナメントに出場したという資料もある。


このモデルに関する私的見解を連ねたブログへのリンクです。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000