Walter Hagen Haig Ultra Iron 1961

生産年式 1961年

国産の輸入元が90年代に入って別モデルの61年リバイバルをリリースしているが、様々な資料を探ると、それは62年のモデルとされている。当時の輸入には1年程度のギャップがあったとしても不思議ではない。この時代、ヘーゲンはウィルソンのスタッフと兄弟モデルであり、60年代当初は刻印が異なる程度に見える。即ち、その機能はスタッフモデルと同様であって、ボールを上げやすいアベレージにとっては扱いやすいモデル。しかし、それは先進的過ぎたデザインであったのはスタッフ同様で、この後の年式ではそれを抑えた、見方によっては扱いにくく進化している。本来はミラー仕上げのクロームの表面も、材質の柔らかさが特徴であり、経年を経てそれなりの雰囲気を持つ。


このモデルに関する私見を展開したブログへのリンクです。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000