Dunlop Pro model DP-201

生産年式 1988-1991年

ダンロップのホームページにあるクラブライブラリーに、生産初期のモデルとして、詳細な資料が残されている。基本的には日本発信のプロモデルが世界を席巻するモデルとなる初代のモデルの一つともいえるモデルだが、ブリヂストンのMTNやミズノのTNが一人のプロによるアドバイスでその地位を獲得したのに対し、ダンロップのDPモデルは、多くのプロのアドバイスを集約した、最大公約数的なモデルといわれる、実際には、このDP-201を起点に、さらなるモディファイを加えられたのが、これに続くモデル軍だ。後にマクスフライのモデルネームを持った201となるが、ストレートネックのヒール重心になる程度で、基本を変えずに長いこと続いたモデル。他のモデルが次々と世代を変えていったのに対して、ホーガンのパーソナルを参考にしたイメージを維持していたモデルだ。


このモデルに関するブログへのリンクを掲載しています。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000