Macgregor Tourney Custom MACH 2.2 Iron

生産年式 1985年(不詳)

このモデルに関する資料は全くなく、いくつかの個人による情報を見ると1985年の限定品とされている。バックデザインに刻印されている文字は、何らかの化学式のようで、適切な表現は見当たらなかった。実際のモデルを観察すると、マクレガーに独特のポケットの三角研磨がなくとも、フェイスが大きく見えており、バックデザインもホーゼルまで大きく回りこんだ造形があることから、やはり大きく見えている。大きなフェイスが有効と思われた時代とすれば、もう少し時代は新しいものと思われる。また、シャフトはフリークエンシーマッチのプレシジョンFM。となれば、やはりもう少し新しい80年代後半か、90年代に入ったものかもしれない。アメリカサイトの検索にもいくつか登場しており、限定品だとしても日本法人の企画によるものではなく、カスタムラインのモデルと想像できる。いずれも定かではないか、VIPからミュアフィールドを連想させる、しかし大きめの伝統マッスルとして、打ってみるならば操作性の高いモデル。見た目と機能が一致したモデルだ。


このモデルに関する主なブログへのリンク。より詳しくはブログ内検索をご利用ください。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000