Golden Ram Pro Classic Limited Iron

生産年式 1986年頃(不詳)

ゴールデンラムのモデルの中でも、1日1セットというハンドメイドのプロダクションで息の長いモデル。短く、高いブレードにすっぱりと切り落とされたコンパクトなフェイスは、バックデザインと共に、90年代以降のラムモデルの定番だ。ハンドメイドの証として、ゴールデンラムの刻印が円で囲われ、サークルラムの愛称を持つ。個別のセットに通し番号が振られており、このモデルは初期のモデルと思われる。また、息が長いだけあって、年式ごとにいくらか仕様も変わっているようだ。1988年の年鑑カタログには、キュービックトウで、フラットソール、スクエアなソール角を持ち、ネックはストレートとある。90年のチョイスには、比較できるコメントとして、ボックストウに、フラットなソール、全くストレートなネックと表現され、実質的な変化はない。ところが、92年になると、スコッチブレードのキャンバーソール、スライトオフセットのネック形状とコメントされる。トウやブレードの表現が変わるのは、表現者によるものだろうが、ストレートを信条としたソールとネックが、新しくなってキャンバーとスライトオフセットとなるのは、時代の求めるところだろう。


このモデルに関する主なブログへのリンクを掲載しました。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000