Cleveland Byron Nelson reg.68.3 forged Iron

生産年式 1990年頃(不詳)

バイロン・ネルソンのネームが冠されたこのモデルは、1945年のツアー11連勝、年間合計18勝の平均が68.3ストロークであることをバックデザインに刻んだモデル。だが、当時のメディアには、そうした告知もなく、高い生産精度の上級者向けとあるのみだ。例えクラシックブームの名残のあった時代でも、クリーブランドとバイロン・ネルソンのコンビでは、実際にネルソンが89年からクリーブランドのスタッフとして後進の育成にかかわっていたとしても、プロモーションにはならなかったようだ。このモデルは、当時のまったく一般的なプロモデルとして見えており、当時の様々な癖の強い、または工夫を凝らしたモデルと比較をしても、良くできたという他ないモデルだ。意識を集中させずしても、しっかりといい球を弾く理由を探しても、全体的な設計と、質の高さというよりほかない。詳細に観察したところで、シャフトも一般的なプレシジョンのFM 、ヘッドのデザインにも特筆するべきポイントもない。にもかかわらず、タイミングさえ間違えなければ、多くのミスを吸収してくれるモダンマッスルだ。


このモデルに関する主なブログへのリンクを掲載しています。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000