Macgregor Toney Penna Colokrom

生産年式 1957年

このモデルは1950年から1957年までMTアイアンとしてリリースされていたM85と同じモデルと思われる。モデルの後期を飾るものだろうか、トニーペナの刻印が入れられた生産の少ないモデルとされる。初期のM85に比較すれば、まったく一般的なフェイスのサイズになり、ロープロファイルの特徴は消失している。その結果によるものか、バックデザインの山形の配置が、番手によって明らかに異なるのも目立つ。デザインのフローというよりも、自身で試打を繰り返しながら設計したと伝えられるペナの感性によってデザインされたモデルだ。ウェイト配置の山形にずれがあっても、ソールの厚さやトウのカーブなどに違いが見えており、実質的なクラブとしての番手間に機能やフィーリングのずれはない。また、洒落者と言われたペナのセンスは、自らのイニシャルをティペグとピンフラッグに見立てた刻印や、ソールの番手の刻印をシャフト側に配するなど、存分に発揮されている。後年にM85の復刻モデルとされるモデルが存在するが、それぞれの時代のアレンジを受けながら、山形のウェイトのずれまでも、このモデルをベースに忠実に復刻されているところが興味深い。



このモデルに関する徒然をブログに書き留めています。

古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000