Macgregor Tourney Custom International 985

生産年式 1985年頃(不詳)

モデル名は、ターニーカスタム・インターナショナル・エディション・ザ・985で、ターニーカスタムのモデルラインナップでも、インターナショナルエディションと刻印の入るものは、往年のスタイルを復刻させた国内限定モデルと思われる。すでに1988年の年鑑カタログには掲載があり、1938年の3852が原型、プロ好みの低い弾道が特徴とのコメントがある。これを元始とせずとも、数多くメディアに見かける985スタイルのモデルに対しては、多かれ少なかれ、同じ印象でコメントが付与される。92年の年鑑カタログには、88年のコメントに加えて、スクエアなトウはプロ好みのデザイン。ヒール寄りの高い位置に重心があり低く鋭い弾道で打ち出せるとある。92年にはターニークラシックの985も新たにリリースされており、コメントの意味合いはほとんど同じだ。この時代以降の985モデルには顕著なスタイルだが、トウ側から見ると、意外にもソールが厚く、ホーゼルの高さ次第では、重心の高さは、コメントされるほどの高さを連想しない。また、ソールの造形からトウ側にウェイトを配置された意図も見え、語られるほど繊細なモデルでもないのが理解できる。


このモデルに関する主なブログへのリンクを掲載しています。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000