Macgregor Tourney Classic 985

生産年式 1992年

ターニーカスタムが主流にあったように見えるモデルシリーズにも、ターニークラシックという呼称を見出したのは1983年のPTの復刻盤、CT1だ。いくらかシリーズモデルに見えるようになったのは1988年の90周年記念モデル。従って、ターニークラシックというモデルシリーズは、インターナショナルエディションに次ぐ、日本発信であったと理解できる。同じ年に忽然と現れたスーパーターニー同様、インターナショナルエディションの985に加えて、このモデルを追加した背景は、今に知る由もない。インターナショナルエディションと比較すれば、製品上での差別はしっかりと図られており、バックデザインは、50年代の945を連想する。さらに大きく刻まれたスコアラインによって、ヘッドの小ささを演出し、上級者の好む操作性の高さを連想させる。さらにバックデザインでも、ホーゼル側の造形を早目にならしてしまうことで、やはり小さなヘッドを連想させる。しかしながら、サイズを数字によって比較するなら、ほぼ同じフォルムをしていることもわかる。視覚的効果を狙った演出が、60年アイオマティックに使用された大文字のマクレガーのロゴと共に、充分な機能に加えて、雰囲気を重視したモデルだ。


このモデルに関する主なブログ記事へのリンクを掲載しています。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000