Macgregor Tourney PT1

生産年式 1958年

トミーアーマーのSSモデルと並んで発表されたターニーモデル。この年から数年間はターニーモデルはアベレージ向け、トミーアーマーは上級者向けといった趣がある。その流れを受けて、バックデザインは、SSの折り目正しいひし形から、いくらかスポットを拡大しているように見える。このモデルは、58年のカッパーフェイスで、翌年にはSS同様、セラミックフェイスとなる。バックデザインの見えるままをコメントするなら、いくらかトウ側にウェイトが移動し、広くされているようにみえる。90年代に国産モデルのデザインで台頭したクラブデザイナーたちのコメントでは、バックデザインには機能を語るようなデザインはないとされるのだが、実際に打ってみると見事に別のモデルとなっている。このPTモデルがアベレージ向きかというといささか疑問だが、SSほど気難しさを感じないのも事実だ。バックデザインを除いて、サイズに注目してみると、そのシルエットはSSと同じといえるほど酷似している。言い換えれば、異なる部分はバックデザインだけなわけで、そんな先達の実例にデザイナーたちの経験値は及ばなかったようだ。


このモデルに関する主なブログ記事へのリンクを掲載しています。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000