MacGregor MT Tourney Iron R2MT 1967

生産年式 1967年

VIPと同じ年にリリースされたターニーシリーズモデル。その歴史を知ったうえでVIPと並べてしまうと、なんとも地味な存在に見えてしまう。しかし、当時にしてみればどちらも重要な新製品であるわけで、ダイヤモンドバックの流れをくむDXターニーの後を引き継いで登場したモデルである。DXターニーから引き継いだのは、意匠のみならず、ビルトインフォワードプレスと称するオフセットが特徴的だ。ウィルソンのグースネックはすでに知られた存在だったが、それと似たようなホーゼルデザインでも、マクレガーはハンドファストにアドレスできる新機構であるとしている。さらにそのフェイスのデザインも凝ったものだ。DXではスコアラインの間を交互にサンドブラスト処理をしてボールへの噛みつきを良くしてコントロール性を向上させたとあるが、このR2MTではさらに発展させてトライトーンクラブフェイスとしている。フェイスのヒッティングエリアもポリッシュドクロームメッキ、すなわちミラー仕上げのメッキを施し、スコアラインにはツートーンのブラスト処理をしたとある。ミラーメッキの表面にツートーンのブラスト処理を施したということらしいが、現在においては、それを強烈に実感できる場面に遭遇することは少ない。



このモデルに関する主なブログへのリンクを掲載しています。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000