MacGregor Tourney Master DX Iron

生産年式 1974年頃(推定)

1972年の資料には掲載が認められたが、このモデルは後年の1974年頃のモデルと思われる。従来のような年式よる細かな差異は、このころのモデルにはほとんど認めることもできず、ただし、アメリカと日本での扱いがいくらか違うところが興味深い。マスターと言うシリーズは、アベレージというよりも、エントリーに向けたモデルの色合いが濃く、中には例外もあろうが、このモデルのスペックでは、例えばシャフトは男性用ととしてミディアムが準備されていたのみだ。75年になると同じバックデザインで女性用がレディーDXとして、やはりシングルスペックで登場している。初期のモデルには2番のオプションも認められたが、のちにカタログからは落とされている。グリップもラバーのみとされているのだが、国内で提供されたこのモデルは、豪華なレザーグリップで、しかもセルの色とカラーコーディネイトされたブラウンレザー。拡大するゴルフ人口の中でもカジュアルユーザーの獲得を狙っている。それを裏付けるのは、番手のロフトだ。一般的な番手のロフトよりもかなり寝かされているセッティングで、初心者にもやさしく、楽しいゴルフを提供したモデルだ。


このモデルに関する主なブログへのリンクを掲載しています。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000