Macgregor Tourney Custom Muscle-II Iron

生産年式 1987年

1988年の年鑑カタログには、1967年発表のマッスルバックスタイルが原型のボールをとらえやすい設計とコメントされている。92年版にはややグースネックで、ブレードは長めでボールをとらえやすい設計。中級者向きとあった。67年発表のマッスルバックとは、間違いなくVIPを指すものだが、88年の同じ年鑑にはVIPと名乗るマクレガーのモデルが高級モデルとして掲載されている。さらには90年に入ると、マクレガー自身が当時の一枚の設計図からVIPを復刻しましたという広告があり、世界戦略と現地法人の戦略のギャップが、このモデルの原型を曖昧なものにしている。とは言いつつも、ユーザーサイドでは言わずと知れたことで、VIPのマッスルバックスタイルを想像してこのモデルを観察すると、かなりの違いに戸惑うことになる。ややどころか、大きくグースになったネック、長めのブレードは、これでもかというくらいに長く、確かにボールを捕えやすいかもしれないが、慣れるまでは違和感も抱く。しかしながら時代の求める機能には、間違いなくグースネックと大きなヘッドは必要だったわけで、マッスルバックスタイルを組み合わせたのは、ブランドによる苦肉の策とでも受け取ることができる。中級者向けをコメントされる通り、素直な、見た目のままのモデルで、マクレガーらしくはないマクレガーのモデル。


このモデルに関する主なブログ記事へのリンクを掲載しています。さらに詳しくはブログ内検索でご覧ください。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000