Walter Hagen Haig Ultra Iron 1961

生産年式 1961年

このモデルは、1990年代初めに当時の輸入元がリバイバルモデルをリリースしており、1961年モデルとされている。59年モデルに比較すると、ほとんど共通点はなく、しかし、ウェイトデザインにはウィルソンのダイナパワーを受け継ぐコンセプトが見える。だが、トータルで見るバックデザインには、角のないぽってりとした印象のウェイトが、スタッフモデルとのリンクを全く感じさせない。パワーバーコンセプトというよりは低重心のコンセプトが目立ち、さほど気難しさを感じないモデルだ。また、このバックデザインから細かな年式に差異を与える方法として取られたのが、ロゴの工夫だ。1961年モデルは、一見して2本の赤いラインで識別できるが、HaigとUltraの間に☆を刻み、この後の年式ではこの☆が様々な記号と入れ替えられる。また、この記号は、準備されていたウッドのインサートともリンクしている年式がある。さらにはグリップエンドのキャップにはヘーゲンの横顔をデザインするなど、センスを生かした演出が多く見て取れる。

このモデルに関する主なブログへのリンク。さらに詳しくはブログ内検索をご利用ください。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000