Walter Hagen HAIG ULTRA Iron 1967

生産年式 1967年

この年式のヘーゲンは、刻印にあるモデル名をすべて大文字にし、HAIGとULTRAの間にある記号を~としている。もちろんそれは見た目の演出であるが、機能としてもかなり変化している。マクレガーなどのブランドでは、キャラクターを進化させることで、固定ユーザーの離脱を嫌った傾向がある。しかしながらヘーゲンの場合は、たとえ年式違いの見た目の変化が少なくとも、打ってみると全くキャラクターを変えていることが多い。ブランドの方向性が定まらなかったのか、それとも、ウィルソン傘下における制約があったのか定かではない。従来からあったフランジを、センターからヒールにかけて大きく張り出し、ブレードは薄くなったが、高く上がりすぎる出球を嫌うかのようにトップ側にもウェイトが配された。トップ側のウェイトの効果は定かではないが、フランジの効果は絶大で、依然として球は上がりやすい。アベレージにとっては、扱いやすいヘーゲンモデルとして上位に位置するモデルだ。


このモデルに関する主な具ログへのリンク。さらに詳しくはブログ内検索をご利用ください。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000