Wilson Staff Tour Blade Celebrating 75 years

生産年式 1989年

ウィルソンの75周年記念モデルいうことで、計算をすれば1989年のモデルとなる。1990年のメディアには最新モデルとして扱われ、時期に間違いはないだろう。設計には当時最強のニック・ファルドも参画したという情報もある。スタッフ伝統のシャープなヘッドで、イメージ的には難しそうだが、ネックを短めにすることで重心を低くするなど。ウィルソン伝統のやさしさの追求考え方も盛り込まれているとされる。ところが、同じ記事には、従来のボリューム感あるコンパクトなヘッドから、一回り大きく、結果として全体的にヘッドが薄くなったとコメントもある。打ちやすいスタッフの流れとは違った上級競技志向の強いゴルファー向けと続く。後者のコメントはクラブデザイナーのコメントであり、そちらが正確にこのモデルをとらえているように思われる。写真最後にメディア計測のスペックを転載した。


1990年チョイス掲載のモデルスペック

フェイスプログレッション 4.8

ソール幅 15.5

ネック長 71.5

フェイス長 71

重心角 10

バランス D0

番手 ライ-ロフト

3番 28-23

4番 59-36

5番 60-30

6番 60-34

7番 61-38

8番 62-42

9番 62-46

PW 63-50

古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000