Wilson Staff Iron 1976

生産年式 1976年(推定)

詳細に調べることができれば、ウィルソンモデルもきっちりとした流れがある。基本的に1969年以降は、スタッフモデルといえども、バックデザインの要素は大きく変わることなく、ソールの厚さや、ブレードの長さに高さといった、デザインよりも、機能を目論んだサイズの変更が多いようだ。このサイトではそちらの資料や経験に乏しいため、多くのコメントは控えておく。このモデルは、調べてみたところ76年式と思われる。実際に打ってみると、オリジナルかどうかは不明だが、大きなグースでとても打ちやすいモデルだ。すでに76年といえば、一般的に個性のないモデルが、普及モデルとして出回っていたころだが、その多くは粗製品。デザインに派手さはないが、機能を伴った質感のあるモデルだ。


このモデルに関する主なブログへのリンクを掲載しています。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000