Ben Hogan Decade Iron

生産年式 1983年頃(推定)

このモデルの輸入元により、このブランドのモデル戦略は多分に販売プロモーションによるところが大きいが、ディケイドの意味は10年、すなわち初代エイペックスから10年後の発売を記念したモデルとされている。このサイトではエイペックスにかかわる資料も経験も乏しいため、多くを語ることは控えるが、いくつか拾った情報では、ブレードオンブレードというスタイルで、小さな ブレードの基本からフェイスを大きく引き伸ばしたイメージがエイペックスだといわれる。フェードモデルというイメージも多分に日本国内における販売戦略にかかわるが、左へ行かないように設計されているというのは事実だ。ケネススミスが最初に取り入れたといわれるアンダースラングは、重心距離を短くするためのアイデア。ホーガンモデルにはライ角の調整により見えなくなっていることも多いが、共通して”かかと”の出たシルエットが引き継がれている。


このモデルに関する主なブログへのリンクを掲載しています。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000