Toney Penna Genius Iron

生産年式 1983年頃(不明)

このモデルは1981年からアシックスによって国内で取り扱われていたモデルだ。多分にもれず詳述された資料には行き当たることがないが、オリジナルと思われるシャフトにローリングスのバンドがあることで、アシックス扱いを連想できる。同様に想像にすぎないが、このモデルのコンセプトがどこにあり、どのような層に向けられてものなのか、さらには時代や販売の体制を考察してみると、アシックスブランドが日本国内のゴルフ市場へ向けて、ごく一般的な層へアプローチしてモデルであろことがわかる。特に上級者を意識したものでないのは、高いトウ、アップライトのライ角、加えてグリップエンドに番手を表記した純正グリップなどを見ると、球の捕まらない初心者に向けれれていたことがわかる。だが、2番も用意されていたことが確認できており、アメリカでの既製品を輸入したビジネスとも理解できるモデルだ。別項に紹介するイノベーターと合わせてみると、スライサー用、フッカー用と比較的初心者に向けて、セオリー通りにデザインされたモデルを準備していたこともわかる。


このモデルに関する主なブログへのリンクを掲載しています。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000