Spalding Tommy Aaron signature Iron

生産年式 1970年半ば頃(不明)

トミー・アーロンとは73年に一度だけマスターズに優勝したプロ。その戦績も派手なところがなく、しかし、トーナメントでマーカーとしてスコアを誤記し、プレーヤーはチェックを怠ったままにアテスト、そのプレーヤーは優勝のはずだったのに、プレーオフになって負けたという、PGAでも史上に残る物語の主役。本来なら優勝を逃したプロにスポットが当たりそうだが、トミーアーロンの方がヒストリーに残っているプロだ。そんな史実からも、このモデルは1970年代半ばのものと推定できる、また、プロがイニシャルをロゴのように刻印したのもこの時代。パーマーのパラソルやニクラウスのクマに代表されるイメージロゴが流行るのは80年代だ。スポルディングのモデルらしく、エッジが凹んでいるのだが、アーロンのアドバイスによるものか、それがすぐにせり出しており、アドレスすると、すべての番手でウェッジのような出っ歯に見える。実際にはストレートの位置にあるのだが、特徴的な部分だ。バックデザインも低重心を意識したデザイン。当然のようにアーロンの使用したトーナメントモデルとは考えにくく、その監修によってリリースされたモデルと理解できる。ソールの形状もスポルディングそのものだが、センター打点の伝統とはいくらか異なり、ヒール目に打点を意識するとコントロールしやすいモデルだ。


このモデルに関する主なブログへのリンクを掲載しています。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000