Dunlop Tom Watson TOUR BLADE Iron

生産年式 1970年代後半(推定)

ダンロップの提供するクラブライブラリーには1990年以降のものが中心で、このモデルの掲載は望めない。従って、検索による情報をかき集めてみると、海外のマクスフライモデルがベースにあるようだ。現在と違って、ダンロップの組織も各国に存在し、アメリカ、イギリス、またオーストラリアの存在はDP-30でも知られる。だが、トムワトソンのツアーブレードというモデルは、基本モデルを変えながら長く続いたモデルのようだ。年式違いにも同様のモデルネームがあり、しかし、バックデザインを見ると別物のようだが、88年の年鑑カタログにも確認した。このモデルはプロネームがイニシャルでも刻印される時代のものであり、その流行は70年代。バックデザインを見れば、90年代のDP-301にも似た、フェイスもスコッチブレードだ。シャフトには国産オリジナルのライトシャフトとあり、軽量スティールの時代のもの、打ってみるとクラシカルなイメージにもかかわらず、ライトシャフトでもしっかりした手ごたえがあり、操作性に優れたドローモデルだ。


このモデルの主なブログへのリンクを掲載しています。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000