Taylor Made Tour Preferred TD Iron

生産年式 1980年代半ば(不詳)

今でこそテイラーメイドのアイアンは、多くに認識されているものだが、世界的にもこのブランドのデビューはピッツバーグパーシモン、パーシモンに代わるメタルヘッドのドライバーで著名な歴史がある。もちろんブランドとして、アイアンモデルも併行して存在したのだが、ツアーバーナーのメタルドライバーには遠く及ばなかった。TDとはトライディメンションのことで、3つの方向にバランスを整えたということ。トップからソール、トウからヒール、リーディング方向からトレーディング方向へ、その三次元で適切な重量配分がされたアイアンということになる。基本はメタルウッドの論理で、しかし、4番までのロングアイアンは中空構造で、その番手に応用されているとある。5番以下はソリッド構造で、後にインナーキャビティーウェイティング、ICWというモデルが登場するが5本までが中空なICW5と同じコンセプト。ちなみに11本すべてが中空なのはICW11というモデル。このモデルの中空番手を観察すると、アドレスではバックデザインが見えるほどの分厚いもの。確かに中空を意識させるのだが、5番から普通のソリッドになる流れに違和感はある。ただし、80年代に、現代には一般的なUTのコンセプトが存在していたと理解すると興味深い。

このモデルに関する主なブログへのリンクを掲載しています。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000