Shakespear XLD Mach One Iron

生産年式 1960年代(不詳)

シェイクスピアというブランドは、ファイバー製のブラックシャフトを初めて送り出したメーカーだ。ワンダーロッドという黒く塗装されたシャフトで1946年に登場している。ゴルフ専門メーカーではないが、ゲーリープレーヤーの監修で、1967年には同じモデル名のXLDというモデルがリリースされている。このモデルはメーカーが売りにしていたファイバーシャフトではないが、60年代にゲーリープレーヤーを呼び込んでいるメーカーであれば、一定の機能を期待できるモデルだ。観察によるコメントしかできないが、ステンレスの含有量が多いと思われる素材で、そのデザインの十分に落とされている重心や、トウに向かうにつれて厚くなるソールを見れば、球の捕まりやすい、扱いやすさを予感させる。オリジナルと思われるシャフトにはRの硬度表示があるが、今の基準からするとA硬度並みの柔らかさだ。しかしながら、粘りのあるしなりで、弾く感覚を取り入れられば、球筋をもコントロールしながら、現代でも十分に楽しめるモデルだ。


このモデルに関するブログへのリンクを掲載しています。


古鉄ミュージアム  - 輸入物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは輸入物を集めています。国産ブランドは、リンクボタンから別ページで。趣味で、いろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようなので、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。また、オークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁といたします。


0コメント

  • 1000 / 1000